インプラント

歯を失うと困ること

歯は、体の大切な器官。虫歯や歯周病で歯を失うことで、喪失感を味わうだけでなく、歯がないことで外見的な自信をなくす、発音がしにくくなる、硬いものが噛めなくなるといった日常生活での支障もきたします。さらに、噛み合わせが乱れ頭痛や肩こり、筋肉痛を引き起こす可能性もあり、歯を失って困ることは実にさまざまなのです。

歯を失ったら

歯を失ったら

歯を失ったまま放置すると、顎の骨は歯根から刺激を受けられなくなります。その結果、なくなった歯の周囲の顎の骨がやせたり、残された健康な歯が移動したり向きが変わったりして、噛み合わせが変化してしまう可能性があります。

このような口腔内の異変を防ぐためには、失われた歯の歯根と歯冠の両方を人工的に補う必要があります。その最も効果的な方法がインプラント治療。インプラント治療は、失った歯根の代わりに体になじみやすいチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せて歯の機能を回復する画期的な治療方法です。

インプラント治療のメリット

入れ歯やブリッジなど失った歯の機能を補う治療方法はほかにもありますが、インプラント治療には、それらにはないメリットがあります。

  • 周囲の天然歯にダメージを与えない
  • 天然歯と同等の自然な見た目
  • 咀嚼機能が安定しているので、食べ物がおいしく感じられる
  • 適切なケアとメンテナンスで長期使用が可能

インプラント治療は、“自分の歯により近い機能を取り戻したい”という願いをかなえてくれる治療方法なのです。

インプラントの前に、歯周病治療でコンディションを整えましょう

インプラントの前に、歯周病治療でコンディションを整えましょう

インプラント治療を始める前には、歯肉に歯周病などのトラブルがないかどうかをきちんと確認する必要があります。歯が抜けた原因が歯周病であれば、インプラントを埋め込む周囲の歯肉が歯周病にかかっている可能性が高いためです。事前治療として歯周病治療を専門的に徹底して行わないと、ほかの健康な天然歯も失うことにもなりかねません。また、せっかく埋入したインプラントが歯周病のように骨が溶けてしまうリスクがあります。

当院の院長は歯周病の専門医で、歯周病治療、インプラント治療の教科書の執筆も行っています。
歯周病治療をされている患者様に向けてインプラント治療もご提案していますので、お気軽にご相談ください。

”安心安全を最優先した”セーフティーガイデッドサージェリー

セーフティーガイデッドサージェリーを使って最先端のサービスを

患者様の安全を最優先した理想的インプラント手術

セーフティーガイデッドサージェリー

従来のインプラントはフリーハンドで経験値と勘で埋入されることがほとんどでした。当院は開院当初からオリジナルのセーフティーサージカルガイドを使用してこれまでもインプラント治療を行ってきました。

1つの症例に対して歯科医師、歯科技工士といった歯科専門家がチームとして最初から関わることで、審美性や機能性などの面で従来法に比べより予知性の高い結果を得ることが可能になります。

新しい当院のセーフティーガイデッドサージェリーは、外科的、補綴的にも最適な位置へのインプラント埋入をより高精度で実現致します。
適切な診査診断の下、患者様の模型とCTデータから理想的なインプラント治療をコンピューター上でシミュレーションします。そのシミュレーションデータをそのまま手術器具に反映させ、安全かつ低侵襲でスピーディーな手術を可能にするシステムです。

患者様一人一人に専用の手術用器具オーダーメイド

一人の患者様に対してインプラント担当歯科医師、歯周病専門医、歯科衛生士、歯科技工士などといった歯科専門家が、ダブルチェック、トリプルチェックで安全確認を行います。各々の専門家がチームとして最初から関わることで、審美性や機能性、清掃性などの面で理想的なインプラント治療を高精度で実現します。

3DCTデータには、従来の2Dレントゲン写真よりも多くの情報が含まれています。この豊富な情報をもとに製作したインプラント埋入位置とセーフティーサージカルガイドが、外科手術の信頼と安心感を高めます。またセーフティーガイデッドサージェリーによって従来よりも低侵襲手術が可能となり、患者様の負担をかなり軽減できます。

これまで骨が薄かったり、狭かったり、埋入角度が難しかった場所にもセーフティーガイド越しに安全に埋入出来ます。また、3Dデータをもとにコンピューター上でシミュレーションと全く同じように埋入可能なので、不必要な骨移植等を回避できることも患者様にとって大きな利点です。
多彩な画面表示機能によって、術前から治療の安全性と治療オプションの選択理由をわかりやすく説明できます。患者様に自分の顎の状態を動く3D画像で立体的に確認いただくこともできます。

治療の流れ

1.印象(型取り)、作業模型の製作

作業模型

作業模型は、スキャンテンプレートとセーフティーサージカルガイド製作の基礎となります。

2.トップダウンCTスキャンテンプレート(CT撮影用器具)の製作

スキャンテンプレート

(インプラント専門歯科技工士と連携)
トップダウンCTスキャンテンプレート製作時、インプラント専門歯科技工士が噛み合わせや機能、清掃性、審美面を考慮した理想的なインプラント上部構造(白い歯)の位置を模型上でワックスで作成(トップダウン)します。
そのワックスの位置をCTスキャンテンプレートにそのままコピーします。
CTスキャンテンプレートには3D解析でわずかなずれも生じないようにリファレンスとして3本のtemphliXを使用してあります。

3.CTスキャン

CTスキャン

患者様にはCTスキャンテンプレートを装着し、CT撮影をお受けになって頂きます。

4.診断と3Dインプラントプランニング、 セーフティーサージカルガイドの製作

3Dインプラントプランニング

CTから得られた情報を専用ソフトで解析し、3Dデータ を見ながら患者様の骨、動脈、静脈、神経管の位置等解剖学的構造と補綴物の形態を考慮して理想的で安全ななインプラントの位置をコンピューター上で決定します。
コンピューター上でのインプラント埋入プランニングが完了後、CTスキャンテンプレートを改造し、実際に手術時にインプラントを埋入するためのドリルがコンピューター上のシミュレーションと寸分狂わずぴったり入る専用スリーブがセーフティーサージカルガイドに装着されます。

5.サージカルガイドの製作

サージカルガイド

coDiagnostiX™ソフトウェアが各インプラントについて提示するテンプレートプラン (gonyX template plan)に従い、gonyX™を用いてサージカルガイドを製作します。サージカルガイドには、インスツルメントおよびインプラント埋入をガイドするスリーブが含まれています。新たにテンプレートを製作する必要はありません。 スキャンテンプレートを再加工してサージカルガイドにすることができます。

6.セーフティーガイデッドサージェリーとインプラントの埋入

インプラント埋入

患者様の口腔内にセーフティーサージカルガイドを固定後、専用ガイデッドインスツルメントを用いてインプラントを埋入する穴を骨に形成し、続いてインプラントを予定通りの位置へ埋入します。

当院の症例紹介はこちら

インプラントに関するお問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に 03-3464-8713

  • このページのTOPへ戻る