治療実績

豊富な症例・実績のご紹介

下記のバナーをクリックすると、当院で行った症例や治療実績をご覧いただけます。

  • 審美歯科治療実績
  • ホワイトニング治療実績
  • インプラント治療実績
  • 予防歯科治療実績

美容歯科

当院の質の高い技術力により、歯を削る量を最小限にコントロールし、少数歯の治療で最大限の審美治療を行います。

オールポーセレン

若々しく自然な白い歯をお望みの方へ

Case1 

以前に他院で治療した左上前歯のセラミックと、その隣の右上の神経の死んだ前歯の色、形の不調和を訴えて来院された患者様です。
患者様のご希望通り、歯並びは変えないで、真ん中2本のみの処置で周囲と調和させました。オールポーセレンで治療することで、術後には透明感のある若々しく、自然で綺麗な白い歯を獲得できます。

ホワイトニング01

一本のみの修復

Case1 

他院で最近治療したばかりだが、色と形が満足できないとのことで御来院された患者様です。右上一本のみの修復です。術前に歯肉周囲の黒ずみなどもありました。1本のみの被せものは周囲との色調、形態のバランスを取るのに非常に高い技術を要します。
術後、周囲と調和した綺麗な歯に仕上がりました。もちろん患者様は大変ご満足されました。

ホワイトニング01

多数歯の色や形の気になる方へ

Case1 

左が術前の口元。患者様は、前歯の虫歯、神経の死んだ歯の変色、前歯2本が長くて出ているのを気にされていました。前歯4本をオールポーセレンで治療した術後の写真です。透明感のある自然で綺麗な口元になりました。術後の写真から、患者様の笑顔に自信が伺えます。

ホワイトニング01

ホワイトニング01

歯と歯肉の境目の黒ずみが気になる方へ

Case1 

他院で行った右上の前歯の古いセラミックと歯肉との境目が黒くなっていて、そこが気になってご来院されました。1本のみのオールポーセレンで治療後、黒ずみが消えてとても自然な口元になりました。
患者様の歯1本1本が持つ個性を微細な部分まで忠実に再現するには、歯を削る量のとても繊細なテクニックと、とても高い技術のポーセレンワークが必要です。

ホワイトニング01

多数歯の色や形の気になる方へ

Case1 

歯周形成外科 + オールポーセレン
前歯の虫歯、神経の死んだ歯の変色、歯肉の位置の左右差を気にされてご来院されました。
歯周病専門医が最も得意とする分野の一つである歯周形成外科治療で、歯肉の高さの左右差を整えてオールポーセレンで治療しました。術後左右きれいに揃った歯肉ラインと歯並びを作り上げることができました。

ホワイトニング01

Case2 

歯周形成外科 + オールポーセレン
長い間、前歯の大きさ・色・形の左右差にコンプレックスをお持ちで来院された患者様です。歯周形成外科治療と1本のみのオールポーセレンで治療しました。術後左右差のない綺麗な前歯に仕上げることができました。

ホワイトニング01

Case3 

歯周形成外科 + メタルセラミッククラウン
笑った時矢印部の歯肉が長く見えるのがいやなのと被せものを変えたいとのことでご来院された患者様です。古い被せものが適合が悪く虫歯になってました。虫歯を除去後、歯周形成外科で歯肉に埋もれている健全な歯質を出してあげて、左右差バランスを整えて被せものを変えました。

ホワイトニング01

このページのTOPへ戻る

オールポーセレンとメタルセラミックの違い

Case1 

オールポーセレンはメタルセラミックと大きく違い、歯肉とポーセレンとの境目が黒ずんだり、金属が見えたりせずに、とても自然に見えます。また、中に金属を使わないので透明感があり、天然歯と見分けがつかない程まで自然な仕上がりが可能になります。
印の付いた歯だけメタルセラミックからオールセラミックに変えた患者様です。
治療後、隣の天然歯と本当に見分けがつかない程に綺麗な仕上がりになりました。

ホワイトニング01

神経の死んだ歯が変色して気になる方

Case1 

矢印が示す右上前歯2本の神経が死んでいて強い変色が認められました。歯の裏側も含め歯冠部のほとんどが古いプラスチックで埋められており、隙間から虫歯になっていました。
正中を境目に右上のみの2本連続のオールセラミック治療で、難易度が高い症例です。
術後の自然な仕上がりに患者様に大変喜んで頂けました。

神経の死んだ歯が変色して気になる方

極力歯を削らないPLV法

Case 1  前歯2本をPLV法で治療

真ん中2本の前歯の症例です。著しい変色と歯がかけたのを気にされていました。歯を削る量を厚さ0.3mm~1mmほどにコントロールし、削る量を極力抑えて治療しました。
治療後とても自然で美しい口元ができあがりました。

ラミネートべニア

Case 2  前歯4本をPLV法で治療

PLV(ポーセレンラミネートべニア)法は歯の表面を厚さ約0.3~1mmだけ削った後、つけ爪のように極薄いオールポーセレンをつける方法です。形、色ともに非常に綺麗に仕上がります。 
お口の中全体にオフィスホワイトニングを行った後で矢印の示す前歯4本をラミネートべニア法で治療しました。

極力歯を削らないPLV法

Case 3  オールポーセレンクラウンとPLV法

どちらもとても自然で綺麗に仕上がります。適応症がありますので歯科医師、患者様、技工士と相談のうえで選択が可能となります。
青矢印の歯はなるべく削りたくなかったので PLV(ポーセレンラミネートべニア)で治療しました。他の赤矢印の歯は古い被せもののやり直しでしたのでオールポーセレンクラウンにしました。
また、左上の前歯は右上に比べて歯肉の左右差が目立っていたため歯周形成外科治療を施してあります。

オールポーセレンクラウン とPLV(ポーセレンラミネートべニア)法

オールポーセレンクラウン とPLV(ポーセレンラミネートべニア)法

歯肉ブライトニング

笑った時に見える歯肉が黒ずんでいるのを気にされている方は結構いらっしゃいます。矢印の部分は、約1cmx1cm四方だけテストで黒ずみの原因のメラニン色素を除去したところです。術後に若々しいピンク色の歯肉に変わっているのがわかります。
その後、同じ患者様で広範囲のメラニン色素沈着を除去しました。

歯肉ブライトニング

このページのTOPへ戻る

ダイレクトボンディング

歯質を最も削らず、虫歯や古い金属、修復物のみを除去して、口腔内で直接強化プラスチックで修復する方法です。また、歯の形態不良の修正も歯を削らずにおこなうことが可能です。
一回で治療が終わることもこの治療法のメリットの一つです。

Case1 歯を削らずに治療できました

Case1

Case2 長年の悩みの隙っ歯も、矯正治療せずに、全く歯を削らずに一回の治療で綺麗な口元へ。

Case2_1

Case2_2

Case3 一回の治療でお口のあけた時の印象ががらりと変わります。

Case3

Case4 まん中の銀歯だけダイレクトボンディングで治療しました。一日で天然歯のような歯になります。

Case4

Case5 虫歯だけをピンポイントで削るので極端に歯を削る量が少なくて済みます。健康な歯質を出来る限り温存できます。

Case5_1

このページのTOPへ戻る

審美歯科症例

Case 1

審美歯科症例Case 1 術前

神経が死んだ前歯4本にプラスチックを何度もやり直しを繰り返していました。根管治療から再治療しました。右上の古いセラミックスに色を合わせたいとの患者様のご希望でしたので、そのご希望を尊重しつつ、古いセラミックスより「すっ」とした透明感が出るようしました。 最終的なオールセラミックスを装着する際に、生体に対して適正な形態を付与することで、一度下がってしまった歯肉(歯 と歯の間の歯間乳頭)が炎症を起こさずに、見事に戻って来ています。

  • 審美歯科症例Case 1 術直後
  • 審美歯科症例Case 1 3ヶ月後
  • 審美歯科症例Case 1 1年後

Case 2

上顎の裏側にできた膿

左上の前歯が折れていて上顎の裏側に骨がなくなるほど大きく膿みがたまっていました。折れた歯は抜歯し、オールセラミックスのブリッジで治療しました。
前歯4本が新しいセラミックスです。
下の歯の天然歯と同じようにとても自然に歯肉と調和しています。

審美歯科症例Case 2

Case 3

前歯の見た目を気にされている患者様です。
結婚式前で非常に短期間の治療を御希望でされたので矯正治療はせずに、ダイレクトボンディングとオールセラミックスで治療しました。透明感を保ちつつとても美しい口元になりました。

審美歯科症例Case 3

Case 4

他院で前歯を何度もプラスチックでやり直していて、見た目が気になるのでもう変色しないように奇麗にしてほしいとのことでした。 前歯6本をセラミックスで治療しました。同業者も震える程とても自然で奇麗な歯になり患者様にも大変満足して頂けました。

審美歯科症例Case 4

Case 5

他院で数年前神経を抜いてオールセラミックを入れたが、痛いので見てほしいとのことでした。根の病気が再発して骨に穴が空いて歯肉から膿みが出ていました。当院にて奇麗に根管治療をしなおして、オールセラミック治療を行いました。1本だけの治療で、周囲ととても自然に馴染んでいます。

審美歯科症例Case 5

Case 6

2週間前に酔って転んで前歯を強打し欠けてしまったとのこと。
都内大学病院の口腔外科にて前歯2本の神経を抜く応急処置を受け、その後の精密治療を希望で当院に紹介頂いた30代男性の方です。
根管治療、破折した歯の矯正治療、小帯切除術後にオールセラミックスで連結補綴治療をしました。セラミックスを連結すると、見た目が自然に見えない事が多いですが、綺麗に周囲と調和しています。

審美歯科症例Case 6

Case 7

正中から4本分が当院の新しいセラミック治療です。右の天然歯の風合いがこまやかに再現されていて、セラミックスが御高齢の患者様の天然歯にとても自然に調和しています。

審美歯科症例Case 7

Case 8

20年前の前歯の見た目悪いので治してほしいとのことでいらした50代男性の患者様です。根管治療、全体のホワイトニング、歯根のホワイトニングを行った後、前歯2本をオールセラミックスで治療しました。患者様の本来の歯の色がかなり濃い色でホワイトニングにも時間がかかりました。若干周りの歯と色の不調和がありましたが患者様が許容して頂けたのでセットして、メンテナンスに移行しました。

審美歯科症例Case 8

Case 9

前歯2本を自然に見えるように綺麗にしたいとの事でご来院頂いた60代女性の患者様です。歯茎が下がったところも多々見られるので、歯周形成外科で修正することもご提案しましたが、2本の根管治療と被せ物のやり直しだけ希望されました。オールセラミックスで治療後自然に周囲と調和しています。

審美歯科症例Case 9

Case 10

前歯が折れてご来院された50代の女性です。
神経が死んでしまってどす黒くなった歯の色も気にされてました。多数の小さい虫歯治療と、左上中切歯の根管治療、インターナルホワイトニング、右上折れた歯の根管治療とオールセラミック治療を行いました。とても奇麗な口元が蘇りました。

審美歯科症例Case 10

このページのTOPへ戻る

Case 11

前歯の神経が死んで変色しているので綺麗にしてほしいとの事でご来院した30代男性です。
左上中切歯が強く変色してました。根管治療を綺麗にし直して、インターナルホワイトニング。その後オフィスホワイトニングをして全体の歯を明るくしてから右上の中切歯をダイレクトボンディングで形態修正。左上中切歯をオールセラミックスで治療しました。
1歯のみの被せものはとても難しいですが、色、形態ともに自然で綺麗に仕上がりました。

審美歯科症例Case 11

Case 12

左上の神経が死んだ前歯が折れて、他院にて応急処置を受けた後、当院へご来院。右上の神経が死んでいる歯も裏側はほとんど古いプラスチックになっていました。
2本とも根管治療を奇麗にし直して、オールセラミック治療を行いました。周りの歯の色にとけ込んで全く違和感なく仕上げることが出来ました。

審美歯科症例Case 12

Case 13

真ん中の前歯だけ取れてしまったので直してほしいとの事で御来院した60代女性です。取れた差し歯はご自身で戻されていました。
今回の治療は取れた歯のみご希望との事で、右上の前歯の歯根が黒く露出した歯の再治療はご希望されませんでした。取れてしまった右上中切歯のみ根管治療後、オールセラミック治療を行いました。
大きく拡大しても人工物だとは思えない程、左上の中切歯と非常に良く調和しています。

審美歯科症例Case 13

ホワイトニング

ホームホワイトニング

マウスピースを使ったホームホワイトニングで治療前後の写真です。
治療期間2週間で手軽に歯を白くできます。笑った時の印象が明らかに変わるを実感頂けると思います。

Case1

ホワイトニング01

Case2

ホワイトニング02

Case3

ホワイトニング03

オフィスホワイトニング

当院に通院して受けていただくオフィスホワイトニングの治療前後の写真です。
右が3回の施術後の状態です。

Case1

オフィスホワイトニング01

Case2

オフィスホワイトニング02

インターナルホワイトニング

Case1

適切な根管治療後に、歯の中からホワイトニングする方法です。表面を削ったりして被せたりはしてませんのでオリジナルのエナメル質を十分温存できる方法です。

Case1

Case2

歯の表側は全く削らず治療できます。術後まわりの歯と同じ色調に戻りました。

Case2

Case3

虫歯や折れた歯などお口の中の問題点は多いですが、矢印の歯をインターナルホワイトニングしました。虫歯治療も頑張って通って頂き、術後綺麗な口元になりました。

Case3

Case4

いわゆる神経が死んでしまって1本だけもしくは数本だけ変色した場合に適応になります。削って被せたりすることなく、部分的なホワイトニングで歯の色が生まれ変わります。

ホワイトニング(1本の歯のみの場合)

Case5

ホワイトニング(1本の歯のみの場合)

インプラント

Case1

インプラント+審美治療

左上の前歯の差し歯が折れて取れてきた患者様です。
抜歯と同時にインプラントを埋入し、その後、周囲の歯肉のブライトニング、ジルコニアオールセラミック処置をしました。術前に比べてとても明るく健康的な口元に生まれ変わりました。

インプラント+審美治療

Case2

矯正治療+インプラント

生まれつき真中から2番目の歯が左右とも生えてこなかった患者様で、残存している乳歯が保存できないくらい虫歯になっていました。
乳歯の抜歯後、歯を全く削らずに、上顎のみの矯正治療で歯をきれいに並べ直し、矯正治療で空いたスペースに骨移植と同時にインプラントを埋入しました。
術後、『→』部位がインプラント。他の歯は一切削ったり、被せものなどしなくて済みました。

術後のきれいな歯並びと口元に患者様本人はもちろん、ご家族や周囲の方々にも大変喜んで頂けました。

矯正治療+インプラント

インプラント症例

Case1 

【50代女性】 今まで何度か右下の入れ歯を試したが、どうしても合わなくて入れ歯はいやとのことで、欠損部にインプラント治療を御希望されました。今までの入れ歯の取り外しや、食事のときの音、味、違和感から解放されて、インプラント治療をお受けになった後の現在はとても経過よく楽しくお食事されているとのことです。

インプラント症例Case 1

  • 術前
  • 術後5年

Case2 

【50代男性】 歯ぎしりを自覚してらして、臼歯部の人工物がことごとく取れやすいとのこと。天然歯も重度にすり減っていました。左上小臼歯が歯根破折で抜歯になり、その後インプラント治療を選択。他の奥歯はメタルセラミックスで被せ物の治療をしました。術後経過は短いですが、今のところ治療した歯全て問題なく上手にお使いになってらっしゃいます。

インプラント症例Case 2

  • 術前
  • 術後5年

Case3 

【50代男性】 左上下の奥歯の痛みが主訴でご来院されました。虫歯と歯周炎が全顎的に広がっていて、患者様は審美障害も気にされてました。全顎的歯周病治療・矯正治療・被せものなどの補綴治療を含む咬合再構成(全体の噛み合わせを整える治療)をし、欠損部に骨移植併用でインプラント治療を行いました。
見た目と噛み合わせの改善にご満足いただき、患者様本人やご家族にも大変喜んで頂きました。

インプラント症例Case 3

  • 術前
  • 術後5年

Case4 

【50代女性】 他県歯科医師からのご紹介の患者様です。全顎的に重度歯周炎に侵されていて、右上欠損部の入れ歯は捨ててしまったとのことでした。歯周再生療法ー矯正治療ー骨移植併用インプラント治療で咬合再構成を行いました。患者様はご希望により現在も1ヶ月おきのメンテナンス中ですが全く問題なく経過しています。

インプラント症例Case 4

  • 術前
  • 術後5年

Case5 

【30代男性】 他県歯科医師からのご紹介の患者様です。生まれつき永久歯がなかった部位があったのと乳歯が成人になっても残っていて、大きな虫歯になっていました。患者様は前歯の審美障害も訴えておりました。インプラント埋入のためのスペースがなかったため前歯部インプラント術前に矯正用インプラントを応用した矯正治療を行い、埋入スペースを確保。その後骨移植併用でインプラントを埋入しました。審美的に良好な結果となり、現在も問題なく経過しています。

インプラント症例Case 5

  • 術前
  • 術後5年

Case6 

【80代男性】 長いブリッジを支えている歯が歯根破折で抜歯となりました。患者様はご高齢でしたが、入れ歯にはどうしてもしたくないとの強い御希望により骨移植併用でインプラント治療を行いました。現在も全く問題なく快適にお使いになってらっしゃいます。

インプラント症例Case 6

  • 術前
  • 術後5年

Case7 

【30代女性】 他院にて6年前にセラミックス治療を終えたばかりの左上小臼歯が歯根破折してしまい来院。保存困難で抜歯に至りました。両隣在の健全な歯を削りたくないとのことで骨移植併用でインプラント治療をしました。現在も定期検診で問題なく経過しています。

インプラント症例Case 7

  • 術前
  • 術後5年

Case8 

【40代女性】 6年前、他院にて不明ブランドのインプラントで臼歯部治療をお受けになっていました。ほとんどの古いインプラントの上部構造は外せない状態でした。もともとは重度酸蝕症で多数歯を喪失。歯肉が非常に薄く、かつ骨幅が非常に狭く難症例でしたが、摂食指導後、当院で歯肉の移植と追加4本のインプラント治療を骨移植を併用で行いました。今後、もしも天然歯が抜歯に至ってもなるべく追加埋入しなくても済むように上部構造を工夫し、少しでも骨があるところに最小限の埋入本数で治療しました。

インプラント症例Case 8

  • 術前
  • 術後5年

Case9 

【50代男性】 レーシンング中極度の食いしばる癖があるとのことで、長いブリッジの支えの歯が歯根破折して抜歯になりました。特に左上は既存骨が1~2mm程度しかなく難症例でしたが、上下多数歯欠損を骨移植を併用しインプラント治療をしました。仮歯やセラミックスが割れるなど最初の半年にトラブルが数回ありましたが、上部構造を工夫した後、現在問題なく落ち着いております。

インプラント症例Case 9

  • 術前
  • 術後4年

Case10 

【40代女性】 全顎的に重度歯周炎に侵されていました。歯周再生療法、矯正治療、骨移植併用インプラント治療などの総括的歯周治療を行いました。矯正治療と歯周病治療で前歯の見た目が大きく改善し患者様に大変喜んで頂きました。

インプラント症例Case 10

  • 術前
  • 術後5年

このページのTOPへ戻る

Case11 

【30代男性】 8年前事故外傷にて前歯を失ったそうです。長いブリッジを使用されていましたが、そのブリッジの度重なる脱離でお困りとのことでした。どうしても固定性の物がいいとのことでしたが、数院でインプラント治療を断られたとのこと。保存困難歯の抜歯後骨移植併用でインプラント治療、その他の部位の補綴治療を行いました。審美面でも大きく改善され患者様に大変喜んで頂きました。

インプラント症例Case 11

  • 術前
  • 術後4年

Case12 

【30代女性】 左下小臼歯が歯根破折にて抜歯となりました。骨移植併用でインプラント治療を行いました。お忙しい方で月に1度くらいのご来院でしたが、インプラント治療には差し支えなくスムースに進み完了しました。現在も問題なく経過しております。

インプラント症例Case 12

  • 術前
  • 術後5年

Case13 

【40代女性】 左下大臼歯は約7年前に再生療法をしたが歯根破折。当院へ御来院。インプラント治療を選択し治療後は現在問題なく経過しています。

インプラント症例Case 13

  • 術前
  • 術後5年

Case14 

【40代女性】 重度の歯周炎と下顎左右臼歯部の歯根破折で抜歯。患者様は歯ぎしりを自覚されており、無意識下で噛む力が非常に強そうな患者様です。抜歯後、高度な骨吸収が起こりましたが、インプラント治療を骨移植併用で行い、効果的な本数で噛み合わせを温存することができました。

インプラント症例Case 14

  • 術前
  • 術後4年

Case15 

【70代女性】 奥歯のぐらつきが気になるのと、前歯の見た目改善をご希望して御来院されました。左下ブリッジの支えの歯は歯根破折していて抜歯になりました。それと歯周炎が重度に進んだ歯も残念ながら抜歯になりました。その後インプラント治療を骨移植を併用して行い、現在まで問題なく経過しています。審美面、噛み合わせが改善され、大変喜んで頂けました。

インプラント症例Case 15

  • 術前
  • 術後5年

Case16 

【60代女性】 左下6歯根破折で抜歯になりました。その後インプラント治療。右上はブリッジ脱離。右上7は長期保存困難後考えられ、いずれ抜歯となる可能性が高いため、右上6欠損部を骨移植併用でインプラントにし、上下6番目の歯までの咬合としました。現在も問題なく経過しています。

インプラント症例Case 16

  • 術前
  • 術後4年

Case17 

【50代男性】 既存骨が薄いことからか歯科医院を2、3件まわり、他院でインプラント治療を尽く断られたとのこと。CTで安全性を確認後、骨移植併用で左右臼歯部でインプラント治療をしました。現在も問題なく上手にメンテナンスできてらっしゃいます。

インプラント症例Case 17

  • 術前
  • 術後4年

Case18 

【50代男性】 他県の歯科医師からご紹介頂きました。上顎前歯のクラウンの中で虫歯が進行しクラウン再接着ー脱落を繰り返していたとのことでした。虫歯が骨の下まで進行していて保存困難で2本とも抜歯となりました。その後骨移植を2回行いインプラントを埋入しました。現在も発音、審美面問題なく経過しています。

インプラント症例Case 18

  • 術前
  • 術後5年

Case19 

【40代女性】 8年前に入れた左下のブリッジ脱離で来院。取れたブリッジの支えの歯の虫歯治療をした後、欠損部にインプラント治療をしました。一番後ろまで噛み合わせをの本数を再現することはしませんでしたが現在も食事など問題なく快適に過ごしてらっしゃるとのことです。

インプラント症例Case 19

  • 術前
  • 術後5年

予防・メンテナンス

Case1 

我々歯周病の専門のプロが歯の汚れを落とし、歯周病菌、虫歯菌が寄り付きにくい歯にします。
治療前と治療後で明らかな着色の改善がみられます。

PMTC

  • このページのTOPへ戻る