院長ブログ

歯周矯正の必要性

歯周炎の患者様は、重度になると歯の周囲の骨が溶けて、歯の支えが少なくなるせいで、病的に移動が起こります。つまり、歯並びが崩れます。

若い時はもっと綺麗な歯並びだったのに。。。

少し前までは前歯は綺麗に揃ってたのに。。。。。

気がついたら歯並びが変わってきた気がする。。。。

このような悩みをお持ちの方は、どうして歯並びが変わったか。歯並びやかみ合わせが変わってしまう原因はなんなのか?

これらをきっちり診査診断した上で、綿密な治療計画の立案と、それらに対して高精度の治療の実践が必須になります。

歯周病はサイレントディジーズと言われたりするように、多くは無症状に進みます。歯並びが崩れてきたと思われる方は、ぜひ一度、歯周病専門医、インプラント専門医の当院へお越しください。

これまで重度歯周炎患者様の病的な歯の移動の治療を積極的に行っている歯科大学はほとんどありません。

術者一人で歯周病専門医、矯正医の共通認識を凝縮した高度な矯正治療をご希望の方はぜひ受診してください。

  • このページのTOPへ戻る