院長ブログ

どうして当医院が選ばれるのか?~当院と他の医院との違い~

こんにちは。プリズムタワー工藤歯科の副院長、工藤有加です。

当院では、他の医院から当医院に転院された後、当院を選ばれて、当院に長く通われる方が多くいらっしゃいます。

それには、当院と他医院に明らかな違いがあり、その違いをしっかりと説明させていただき、理解していただけるからだと思います。

当院では、症状のなく、緊急性のない歯を、患者様を説得して、今すぐ治療することはしません。

例えば、

・今すぐ治療する必要のない、痛みなどの症状の出ていない歯の補綴物をはがしてやりなおす

・今すぐ治療する必要のない小さい虫歯を削ってつめる

・根の先の病気がレントゲン状ではうつっているが、今症状のない歯の補綴物をはがして再治療をする

・歯ブラシのしすぎや、歯ぎしりのせいで歯茎のきわのところにできたくさび状の欠損をプラスチックで埋める

などです。

上記のような、人工物を人工物でやりなおす、天然の歯質を削って人工物を詰める、といったときには、きちんと明らかにやりかえる必要がある場合や、明らかに理由がある場合を除いては、説明をきちんとして、様子を見させていただく、ということを当院ではよく行います。

他の歯科医院とは違うと思う方もいるかも知れません。

治療しないでほっておくの?ひどい歯医者じゃない?と不信感を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

それには理由がきちんとあります。

まず、一つ目

・今すぐ治療する必要のない、痛みなどの症状の出ていない歯の補綴物をはがしてやりなおすことを当院ではしません

→理由:まず、人工物と歯の間は、隙間がどうしてもできてしまうものであり、そこをセメントでくっつけているのが歯の人工物である、ということが根底にあるため。そして人工物をやり替える=もう一度メスを入れることと同じであるため、また歯を大きく削ることになること。前よりももっと大きな人工物になることは予測されるため、やりかえるときはやり替えた方がよい明らかな理由がある場合のみ、患者様そのリスクと効果をよく説明してご了承を得たときのみ治療を行います。

二つ目

・今すぐ治療する必要のない小さい虫歯を削ってつめることを当院ではしません

→理由:プラークコントロールが良好な場合は、年齢によっては、小さな虫歯はそのまま広がらないこともあったり、再石灰化する可能性が残っている場合もあるので、先にプラークコントロールの徹底と、食生活の見直しを行わせていただき、その虫歯の経過を見させていただく、ということがあります。虫歯を削る時は、その小さな虫歯よりも大きく削って詰めることをしなければならなくなるため、また、人工物と歯の隙間ができ、またその人工物と歯の間が茶色くきたなくなってしまう、ということが予測されます。

なので、なので、本当に今、削って治した方がいい虫歯のみ、治療させていただきます。

三つ目

・根の先の病気がレントゲン状ではうつっているが、今症状のない歯の補綴物をはがして再治療をすることを当院ではしません

→理由:根の先の病気は、治っていく過程でも病気として見えることがあります。その病気も、生体と菌のバランスが保たれていれば、その病巣が広がらなくて症状が出ない場合があります。その経過の様子をみさせていただいて本当に再治療が必要かどうか、見極めてから、本当に再治療が必要な場合にのみ、再治療をさせていただきます。再治療をする場合、歯を失ってしまうリスクまであることがあります。なので、そのリスクと治療した場合の効果をよく説明させていただき、了承を得たときのみ、治療させていただきます。

四つ目

・歯ブラシのしすぎや、歯ぎしりのせいで歯茎のきわのところにできたくさび状の欠損を、欠損があるから、という理由のみでプラスチックで安易に埋めるという治療を当院ではしません

→理由:プラスチックは埋めたその時は美しく見えるかもしれませんが、時間を経過していれば、茶色くなっていきます。プラスチックは時間経過とともに、劣化することが予測出来るので、そこに削れた欠損があるから、といった理由だけでプラスチックを安易に埋める、ということをしません。また、茶色くなったらその部位のプラスチックをやりかえる治療をしなければなりませんし、プラスチックは時間経過とともにざらざらしてきて、プラークの温床となってしまう可能性もあります。歯周病のこと、歯茎の健康のことを考えれば、歯茎の近くにプラスチックはない方がいいので、その理由で、明らかにその欠損を埋めなければならないという理由がない限り、くさび状欠損に安易にプラスチックを埋める、ということはしないのです。

なぜ、こんなに当院ではしない治療があるのか。

なぜならば歯が治療に耐えることの出来る回数は、だいたい決まっているからです。

歯科治療は、ほぼ外科処置だ、とよく言われます。

自分の身体を外科処置してメスを入れる、となると、回数が少ない方がよくありませんか?

歯も実は一緒です。

削らない方がいいに決まっています。

なので、虫歯を治すよりも、虫歯を作らないことの方が大事です。

なので、当院では、子供の患者様がいらっしゃると、そのお口の中を拝見し、状態を見たときに、だいたいの食生活を予測します。

子供の虫歯を作らないためには、歯ブラシも大切ですが、シュガーコントロールが、最も大切になってくるからです。

なので、子供の時から、悪くならないうちから、虫歯を作らない習慣を持つ、ということが、とってもとっても大切になってきます。

もし、虫歯を作ってしまったのならば、どうして出来たのか、きちんとお話をして、その原因をさぐります。

そして、その原因を突き止め、虫歯が出来ないようなお口の環境を保てるよう指導し、虫歯を治療したら、これ以上虫歯にならないように良い状態を維持する、というのが、最も重要になってきます。

多くの歯科医院が、虫歯は削って詰めて治す、を繰り返しています。

そして、保険の銀歯は、はずれてきます。

前の歯科医院で埋めた銀歯を症状なくても削ってとる歯科医院がある、と聞いています。その写真をとれば、黒い可能性は高いです。

人工物と歯の隙間は必ずできてしまって、それをセメントでくっつけて埋める、というのが保険で虫歯治療の主流です。なので、剥がせば黒いところは当然あると思います。

それを写真で見せて、ほら、虫歯でしょ、というのは、理想的な歯科治療と違うと思うのです。

その歯もまた治療して数年後には、また、隙間があるので、もし剥がせば、ほら、虫歯でしょ、って言える可能性は高いです。

何故なら、人工物と、天然歯には、隙間は必ずあるからです。

そのような治療を繰り返していては、歯を失ってしまいます。

実は、歯を治療できる回数には制限があります。

歯科治療は、外科処置と言われます。

外科処置は少なければ少ないほど良いのです。

なので、最初にする歯科治療が肝心になってきます。

ただ白いだけでいい、とは、話が違うのです。

その隙間をどれくらいクオリテイをいかに上げるかが、長持ちさせる補綴物、人工物の秘訣なのです。

我々は、安い技工物の値段のものを用意していません。

何故なら、その安い技工物は、どうしてもそのクオリテイが下がってしまい、口腔内で長持ちする人工物とはかけ離れ、我々のポリシーである、補綴物を口腔内で安定させ、長持ちさせる治療とは、かけ離れていってしまうからです。

でも、世の中には、安い補綴物を用意して、口腔内で安定させて長持ちさせることは二の次にして、安くてその時だけ良く見えて便利な歯科医療を施している歯科医院はたくさんありますね。

そんな歯科医院とは違う歯科医療を提供したい、という強い思いがあります。

何故ならば、先ほども書いたように、歯は、実は治療できる回数が決まっているからです。

なので、最初に行う歯科治療って、とても重要なんですね。

いかに治療回数を少なくするか、これも、メンテナンスと合わせて、歯を長持ちさせる秘訣になってきます。

当院を選んでいただいた患者様は、上記の、当院と他の医院の違いを、明らかに感じていらっしゃる患者様が多くいらっしゃいます。

あなたも当院に来て、その違いを実感してみませんか?

いつも皆様ありがとうございます♡

  • このページのTOPへ戻る