院長ブログ

噛み合わせ治療のために、または、審美歯科治療をするために、無駄に歯を削っていませんか?

こんにちは。プリズムタワー工藤歯科、副院長の工藤有加です♪

咬合の(噛み合わせ)の再構成、という治療を、行っている歯科医院はたくさん、とは言わなくても、多数見受けられます。

審美歯科治療、という治療を行っている先生も多数いらっしゃいますね。

しかし、この咬合再構成と、理想的な審美歯科治療。

様々な分野の専門知識と技術が必要です。

当院の理事長、工藤求は、日本歯周病学会、歯周病専門医指導医です。

一般歯科では抜歯と診断されてしまった歯でも、再生療法などで長持ちさせることができる可能性があります。

さらに、当院の理事長工藤求は、日本口腔インプラント学会、インプラント専門医です。

一般歯科で、インプラントを断られた患者様でも、骨移植等の手術を、顕微鏡下で精密、正確に行うことが出来ます。

さらには、歯周矯正という歯周病や、成人矯正治療を得意としている理事長が、咬合再構成をすることで、矯正専門医が抜く歯も、残せることが出来たり、専門医から矯正が出来ないと言われた歯周病の患者様も、遠方からも多数来院され、良い治療結果を出しております。

咬合再構成をする上で、矯正治療を一緒に行うことで、被せものだけで咬合再構成をするよりも、なるべく歯を削らなくてすむ方向に治療が進められる、と考えてください。

他院で行った咬合再構成や、審美歯科治療をされた患者様を診ると、そのほとんどが、神経を抜いたり、無駄に歯を削って長く補綴物でつながっている治療、もしくは、入れ歯で我慢を強いられている治療が多いです。

顕微鏡下で細かく正確に行っている歯周病治療と、インプラント治療、矯正治療をミックスして出来る高度な歯周矯正の技術は、歯周病専門医と、インプラント専門医を併せ持ち、かつ、ハイレベルな成人矯正が出来る、工藤求だからこそ出来る治療法です♪

歯並び、歯周病、歯がないままで放置してしまった。などで、お困りの患者様はいつでもご相談にいらしてください。

あなたの人生が本当に変わると思います。

私は、そんな患者様を何人も見てきました。

誰が治療するかで、本当に治療の結果、治療のゴールが変わるのです

50代、女性の1症例、咬合再構成の一症例です。

前歯の部分に前医にて被せものが入っていますが、色もあっていませんし、
歯茎の部分が黒くなっていますね。
また、左側の写真は、奥歯は噛んでいますが、前歯で噛んでいない
のもお写真でわかるでしょうか?
今後の長い人生を考えると、噛み合わせも治して咬合再構成をした方が、
よいゴールに行けるケースです。
この治療、どこの歯を被せて、どこの歯がご自分の歯か、見分けがつきますか?


被せなおしたのは、青矢印の4本と、緑色の矢印の計5本です。

緑色の矢印と赤の矢印部分はブリッジだったので、ブリッジを外しての緑の矢印部分の1本の被せなおしと、その奥の赤の矢印部分の歯がない部分は、インプラント治療を1本しています。

あとは、歯周矯正をして、歯並びを整えています。

右側のAfterの噛み合わせは、奥歯も前歯も均等に噛んでいますね。

この極力歯を削らないで実現できる、咬合再構成による噛み合わせ治療が、長期安定の秘訣です♪

そして、削る歯を極力少なくした、ご自身の持つ天然の歯の美しさを最大限に生かした審美歯科治療です。天然の歯が実は一番美しいのです。

そして、機能的にも、すべての歯に噛む力が分散されているので、被せなおした歯も長持ちして、ご自身の歯も長持ちする、長期的な安定を見込むことが出来る噛み合わせです。

感動的な美しさ、機能美です✨

患者様が生まれ持った本来の歯の美しさが十分に生かされていますね♪

患者様と相談して決めた、理想的な治療のゴールです。

理想的な治療を受けたいとおっしゃっていただいた患者様には、このような美しいゴールに行くために、お口の中の精密な診査、診断後、院長によるスペシャリストプランを立てさせていただきます。

その治療計画にご了承いただいた患者様は、噛み合わせについても、審美的にも、長期安定を目指した、理想的な治療のゴールへ向かっての本格的な治療に入らせていただいております。

患者様とよく相談し、どのような治療計画を立てるか。

そこではじめて理想的な治療のゴールが設定されます。

ゴールの見えない治療をお受けになっていませんか?

ここに、患者様との相談の上、理想的な治療計画と、長期的な安定を見据えた、理想的な歯科治療のゴールが設定でき、患者様を理想的歯科審美治療のゴールに導くことの出来る歯科医師がここにいます♪

いつでもご相談ください♪

  • このページのTOPへ戻る